20代の成長戦略・時間戦術

投資銀行で働く社会人4年生のブログ。 読書記録、恋愛報告、自己啓発、日常生活など。

読書に特化したブログ「20代の成長戦略・時間戦術【読書記録編】を始めました。興味ある方はどうぞ☆

Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://elitebusinessman.blog69.fc2.com/tb.php/63-5b843638
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

絶妙な「速読」の技術―この本を読むだけで速読脳開発のトレーニングができる「例の方法」

カテゴリ : 自己啓発・タイムマネジメント・経営
絶妙な「速読」の技術―この本を読むだけで速読脳開発のトレーニングができる「例の方法」 絶妙な「速読」の技術―この本を読むだけで速読脳開発のトレーニングができる「例の方法」
佐々木 豊文 (2005/10)
明日香出版社

この商品の詳細を見る



《内容》

◇読書能力は変えられる

◇理解しながら読んでいるときは、心の中にイメージ
 浮かんでいる

速読では音声化ではなく、イメージ化にエネルギーを
 集中できる


速読脳が開発されると、理解力が向上したと感じる

◇脳をベストコンディションに保つための、体力を
 養う必要あり

◇早く理解するためには2つの方法がある
 ①要領よくポイントだけを読む
 ②情報処理速度を速くする
 →本来の速読は②のほう

◇姿勢を良くして、落ち着いて読むことが重要

◇読み始める前に、知りたい内容を具体的にすること、
 そして知りたいという意思を明確にすること

◇読み終える目標時間を設定(ゲーム感覚で)
 ①まず2ページ読んで時間をはかる
  60秒だったら1ページ30秒!
 ②ページ数をかけて、×0.8
  30×200×0.8=4800秒(1時間20分)
 ③1時間20分にチャレンジ!

◇「文字を完全に読めなくても、正しく理解できなくても、
 読書しようとして文字を順に追っていく行為は、
 立派な読書なのだ
」と納得すること

◇前頭葉の機能は「意欲」
 集中して先へ先へと読んでいくことが、何よりも
 前頭葉活性化させるポイント

◇すべての文字を順に速く読むのを「速読」と呼び、
 とにかく短い時間で読む目的を達成すればよいという
 読み方を「早読み」と呼ぶ

◇早読みのポイントは、意識して省いて読むこと、省いて
 読んでいることを自覚すること

◇「早読みは、飛ばし読みだ」、「早読みは、理解が不十分な
 読み方だ」とはっきり割り切る必要あり

◇スキャニングで知的に引っかかる言葉に出会ったら
 その前後を丁寧に読む

------------------------------------------------------

最近知ったのは、速読にもいろいろな流派があるということ
です。「~式速読術」といった感じで。

速読は、今かなり興味がありますね。
速読のセミナーに通おうかと思い調べてみたんですが、
どこも授業料が高いんですよ。
自己投資にはカネを惜しむなとは言いますが、10万を
超えるとちょっと考えものです。
それに、不確実性が高いですからね。
絶対マスターできるなら、10万くらい払いますけど。

とりあえずは、本で学んだことを実践してみて、
読むスピードが上がっていくことを祈ります。

夢は、速読をマスターして良書を読み漁ること!
世の中には本があふれており、読みたい本がたくさんある!

それに仕事をする上でも、速読は役に立ちますし。


現在の課題は、「速読」と「英語」ですね。

だから、英語が速読できれば最高です


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://elitebusinessman.blog69.fc2.com/tb.php/63-5b843638
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

KB (♂)

Author:KB (♂)
職業 投資銀行勤務
    ('07入社)

尊敬する人
大前研一氏、野口悠紀雄氏、佐山展生氏

英語力 TOEIC 900点

出現場所 スタバ、大型書店、ジム

学歴 理系院卒

住まい 東京

年齢 29歳

本の紹介↓
20代の成長戦略・時間戦術【読書記録編】

KB書店

時計

FC2カウンター

最近の記事

FC2関係

株価

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

ブログ内検索

就活の筆記対策

ネット証券

大前研一氏の著書

Amazon

Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。