20代の成長戦略・時間戦術

投資銀行で働く社会人4年生のブログ。 読書記録、恋愛報告、自己啓発、日常生活など。

読書に特化したブログ「20代の成長戦略・時間戦術【読書記録編】を始めました。興味ある方はどうぞ☆

Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C72]

本格的になってきましたね。外資は聞くところ初年度600ぐらいとか3年で軌道に乗ってると2000とか・・・こういう事実を知っていると研究者なんてやっていれませんねww
気づかないうちに、何でも物事を知っている人、よく考えている人が勝ちあがっているんでしょうね、機会という意味で田舎から出てきて本当によかったです☆

Mの件よろしくお願いします
  • 2006-08-08 09:11
  • 投稿者 : KC
  • URL
  • 編集

[C73]

そちらこそ、就活が本格的になってきましたね。
まぁ、外資が給料がいいのは、首切りリスクに対するプレミアムですから。
うまく渡り歩けば、カネには困らないと思いますが。

確かに、いろいろ物事は知っておくべきだし、どこかで苦労しないといけないんでしょうね。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://elitebusinessman.blog69.fc2.com/tb.php/56-459e33b5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

時代即応版 金利が上がるとどうなるか―金利上昇時代の金利・利回りがわかる本

カテゴリ : 金融・経済・投資
時代即応版 金利が上がるとどうなるか―金利上昇時代の金利・利回りがわかる本 時代即応版 金利が上がるとどうなるか―金利上昇時代の金利・利回りがわかる本
角川 総一 (2006/05)
明日香出版社

この商品の詳細を見る


《内容》

景気上昇→企業などの資金需要増大→金利上昇

インフレ率上昇→金利上昇
◇金利上昇を予測させる要因
  ・景気の拡大および景気好調の持続
  ・円安(ドル高)
  ・インフレ率の上昇
(金利下降は上記の逆)

◇預金でインフレを防御することは可能 
 →インフレ率と預金金利とは正の相関関係にあるから

◇各種金利の間には一定の高低関係(秩序)があり、
 これを金利体系という。諸金利間には裁定が働いて
 金利体系を成り立たせている

金利体系を支えている理由
 ①一定の政策目標に素って金利機能を最大に活用するためには、
  各種の金融取引で用いられる金利の間に一定の秩序が必要
 ②金融取引の仲介者である金融機関の経営が成立するためには、
  金融機関にとっての資金調達コストと資金運用利回りとの間に、
  一定の関係があることが必要
 ③似た金融取引の金利水準が異なった場合には、急激な資金
  移動を引き起こし、これが金融市場の秩序を乱す恐れがある
 ④そして何よりも、同じ種類の金融取引に適用されている金利は、
  市場に共通して参加している参加者により互いに裁定されている。
  このため著しく異なるという事態は生じようがない

利回りと複利効果
 ①他の条件が同一なら期間が長いほうがその複利効果は高い
 ②利率の絶対水準が高くなるにしたがって複利効果は高くなる
 ③他の条件が同一である場合、複利計算の単位期間が短いほうが
  複利運用効果は高い

◇元本と一定期間後の元利合計が与えられたら、
 単利利回り>複利利回り

割引率=割引率/額面(100)
 年平均利回り=割引率/価格

◇同じ商取引なら、割引率表示<利回り表示

◇債券…割引債とは表面利率(クーポン)がゼロの利付債

債券の最終利回りは、年平均利回り(単利)

◇割引債の収益率を示す最終利回りは、期間1年以上のもの
 について年複利で計算される。この複利利回りを他の利付債券の
 最終利回り(単利)とそのまま比較するのは誤り

◇利子(クーポン)収入のみを収益とみなし、それが当初元本に
 対していくらの比率であるかを表すものが直接利回り(直利)

◇直利が高いほうが最終利回りは低く、直利が低ければ
 最終利回りが高いのが原則

イールドカーブの傾き=金利上昇のスピード
-------------------------------------------------------

来年から金融機関で働くというのに、まだまだ勉強するべき
ことが多いようです。

経済学部とかではないから、ある程度の知識は独学で勉強して
おかなければなりません。

割引率とか利回りはごっちゃにならないように気をつけないと。


スポンサーサイト

2件のコメント

[C72]

本格的になってきましたね。外資は聞くところ初年度600ぐらいとか3年で軌道に乗ってると2000とか・・・こういう事実を知っていると研究者なんてやっていれませんねww
気づかないうちに、何でも物事を知っている人、よく考えている人が勝ちあがっているんでしょうね、機会という意味で田舎から出てきて本当によかったです☆

Mの件よろしくお願いします
  • 2006-08-08 09:11
  • 投稿者 : KC
  • URL
  • 編集

[C73]

そちらこそ、就活が本格的になってきましたね。
まぁ、外資が給料がいいのは、首切りリスクに対するプレミアムですから。
うまく渡り歩けば、カネには困らないと思いますが。

確かに、いろいろ物事は知っておくべきだし、どこかで苦労しないといけないんでしょうね。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://elitebusinessman.blog69.fc2.com/tb.php/56-459e33b5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

KB (♂)

Author:KB (♂)
職業 投資銀行勤務
    ('07入社)

尊敬する人
大前研一氏、野口悠紀雄氏、佐山展生氏

英語力 TOEIC 900点

出現場所 スタバ、大型書店、ジム

学歴 理系院卒

住まい 東京

年齢 29歳

本の紹介↓
20代の成長戦略・時間戦術【読書記録編】

KB書店

時計

FC2カウンター

最近の記事

FC2関係

株価

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

ブログ内検索

就活の筆記対策

ネット証券

大前研一氏の著書

Amazon

Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。