20代の成長戦略・時間戦術

投資銀行で働く社会人4年生のブログ。 読書記録、恋愛報告、自己啓発、日常生活など。

読書に特化したブログ「20代の成長戦略・時間戦術【読書記録編】を始めました。興味ある方はどうぞ☆

Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C54]

>ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法 ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法

読むの速そうですね。 速読法身に着けているんですか?


>限界まで働かずに、 何の甲斐があるのか

限界まで働くってどういうことだ?意味がわからん。


>「目的」をはっきりさせて本を読む。

「読みたいように読む」ということですね。


>目的を拡張しない。 ほかのことに気をとられてはいけない

これをすると、全部読もうとしてしまいますね。時間がかかり、焦点がしぼりにくい。


>「立ち読み」、お気に入りの書店

ここを使っています(笑) アマゾンのレビューも見るけど、どこまであてになるものか。


>抜書き

レビュー、感想を書くのは頭に残るよね。


>テレビに情報価値はない。受動的に作られているから。

かなり的を得ている。社会の構造を見極め、情報を選ばねばならない。


>「考えたこと」をメモ

情報から何を考えたか、何を思ったか、何を想像したかが創造に繋がると思っています。


>手を動かして書くこと、デジタルデータ

書くこととタイピングには違いがありますね。


>「実行」

「大切なのは、研究ではなく、実行である」ということばがあります。
  • 2006-07-31 11:41
  • 投稿者 : タカボウズ
  • URL
  • 編集

[C55]

作者は速読法は身につけていないようです。

「限界まで働く~」というのは、作者の友人の母上が、弱音を吐くその友人に向かって言った言葉です。説明不足でした。
印象に残ったのでブログに書きました。

全部読むというのは効率が悪いので、ポイントを絞って読むようにしています。

「ここ」を使ってくださり光栄です!

私もタイピングのほうが早くて楽ですが、
意図的に「書く」こともしています。印象に残りやすいですから。

情報は誰でも手に入れようと思えば手に入れられるようになってきているので、あとは
それを自分がどう吸収し、実行に移していけるかですね、大切なのは。

[C56]

>作者は速読法

いや、KBさんが速いと思ったので、知りたかったのです。


>弱音を吐く

簡単に弱音を吐いてばかりの人間には腹が立ったこともあります。 おまえ、全然努力しとらんやないかと。 逆に僕なんか弱音を吐かなさ過ぎて苦労しました。


>情報

いや、僕が問題にしているのは、嘘の(例えば政治的な意図があっての)情報、信じるに値しない情報、誤った情報などです。 信じるに値する情報、価値のある情報を選ぶ力、結局は「考える力」が大事なんです。
  • 2006-08-01 09:53
  • 投稿者 : タカボウズ
  • URL
  • 編集

[C57]

速読法は、現在の課題ですね。
何冊か、速読に関する本を読んだりはしているんですが、まだ修得には至っていません。
読むのはそんなに早いほうではありませんよ。

弱音を吐かなさすぎて苦労する。かっこいいですね(笑)

ウソの情報にだまされないためには、自分自身にしっかりとしたバックグラウンドが必要ですし、さらに考える力も必要ですね。
実践するのは難しいですけど。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://elitebusinessman.blog69.fc2.com/tb.php/46-187346ac
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法

カテゴリ : 自己啓発・タイムマネジメント・経営
ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法 ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法
福田 和也 (2004/07)
PHP研究所

この商品の詳細を見る



《内容》

◇世間には、志を得ないで、その力を発揮できない人が
 たくさんいるのに、恵まれて存分に働ける機会を得ていながら
 しんどいとは何事か。男と生まれて、その限界まで働かずに、
 何の甲斐があるのか

◇「目的」をはっきりさせて本を読む。目的を拡張しない
 ほかのことに気をとられてはいけない

役立つ本を選ぶ→効率的に読む方法

◇「立ち読み」であたりをつける

お気に入りの書店を見つける

◇抜書きが大切。難しい本は分からない単語を抜書きしておく

◇テレビに情報価値はない。受動的に作られているから。
 テレビで暇をつぶしているには、人生はあまりにも短い

◇「ヘラルド・トリビューン(ヘラトリ)」
 →「NYタイムス」と「ワシントンポスト」が共同で
  発行している国際新聞→質が高い

◇書き方は「切り口」しだい

◇取材では「考えたこと」をメモ

◇現地取材→「情報」を得るのではなくて、自分なりに消化し、
       どう表現するかを考える

◇情報収集も実際に手を動かして書くことが大切。
デジタルデータだとお蔵入りの可能性が。

-------------------------------------------------------

私のお気に入りの書店は、紀伊國屋(新宿本店、南口店両方)、
Book1st(新宿ルミネ店)、丸善(丸の内オアゾ店)ですね。

週1,2回は通ってます。
丸善は就活中お世話になりました。
面接の空き時間はよく立ち読みさせてもらいました。



最近、自己啓発の本を読みすぎて飽きてきましたw

そろそろ方向転換ですかね。

でも、読んだ本のストックがあるので、まだまだネタは
ありますが。

もう、理論武装は充分だから、そろそろ実行に移さないと。

これからの人生でもそうだけど、「実行」が一番難しい。
頭では分かっていても、体が動かないことってたくさん
ありますから。



スポンサーサイト

4件のコメント

[C54]

>ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法 ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法

読むの速そうですね。 速読法身に着けているんですか?


>限界まで働かずに、 何の甲斐があるのか

限界まで働くってどういうことだ?意味がわからん。


>「目的」をはっきりさせて本を読む。

「読みたいように読む」ということですね。


>目的を拡張しない。 ほかのことに気をとられてはいけない

これをすると、全部読もうとしてしまいますね。時間がかかり、焦点がしぼりにくい。


>「立ち読み」、お気に入りの書店

ここを使っています(笑) アマゾンのレビューも見るけど、どこまであてになるものか。


>抜書き

レビュー、感想を書くのは頭に残るよね。


>テレビに情報価値はない。受動的に作られているから。

かなり的を得ている。社会の構造を見極め、情報を選ばねばならない。


>「考えたこと」をメモ

情報から何を考えたか、何を思ったか、何を想像したかが創造に繋がると思っています。


>手を動かして書くこと、デジタルデータ

書くこととタイピングには違いがありますね。


>「実行」

「大切なのは、研究ではなく、実行である」ということばがあります。
  • 2006-07-31 11:41
  • 投稿者 : タカボウズ
  • URL
  • 編集

[C55]

作者は速読法は身につけていないようです。

「限界まで働く~」というのは、作者の友人の母上が、弱音を吐くその友人に向かって言った言葉です。説明不足でした。
印象に残ったのでブログに書きました。

全部読むというのは効率が悪いので、ポイントを絞って読むようにしています。

「ここ」を使ってくださり光栄です!

私もタイピングのほうが早くて楽ですが、
意図的に「書く」こともしています。印象に残りやすいですから。

情報は誰でも手に入れようと思えば手に入れられるようになってきているので、あとは
それを自分がどう吸収し、実行に移していけるかですね、大切なのは。

[C56]

>作者は速読法

いや、KBさんが速いと思ったので、知りたかったのです。


>弱音を吐く

簡単に弱音を吐いてばかりの人間には腹が立ったこともあります。 おまえ、全然努力しとらんやないかと。 逆に僕なんか弱音を吐かなさ過ぎて苦労しました。


>情報

いや、僕が問題にしているのは、嘘の(例えば政治的な意図があっての)情報、信じるに値しない情報、誤った情報などです。 信じるに値する情報、価値のある情報を選ぶ力、結局は「考える力」が大事なんです。
  • 2006-08-01 09:53
  • 投稿者 : タカボウズ
  • URL
  • 編集

[C57]

速読法は、現在の課題ですね。
何冊か、速読に関する本を読んだりはしているんですが、まだ修得には至っていません。
読むのはそんなに早いほうではありませんよ。

弱音を吐かなさすぎて苦労する。かっこいいですね(笑)

ウソの情報にだまされないためには、自分自身にしっかりとしたバックグラウンドが必要ですし、さらに考える力も必要ですね。
実践するのは難しいですけど。

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://elitebusinessman.blog69.fc2.com/tb.php/46-187346ac
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

KB (♂)

Author:KB (♂)
職業 投資銀行勤務
    ('07入社)

尊敬する人
大前研一氏、野口悠紀雄氏、佐山展生氏

英語力 TOEIC 900点

出現場所 スタバ、大型書店、ジム

学歴 理系院卒

住まい 東京

年齢 29歳

本の紹介↓
20代の成長戦略・時間戦術【読書記録編】

KB書店

時計

FC2カウンター

最近の記事

FC2関係

株価

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

ブログ内検索

就活の筆記対策

ネット証券

大前研一氏の著書

Amazon

Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。