20代の成長戦略・時間戦術

投資銀行で働く社会人4年生のブログ。 読書記録、恋愛報告、自己啓発、日常生活など。

読書に特化したブログ「20代の成長戦略・時間戦術【読書記録編】を始めました。興味ある方はどうぞ☆

Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://elitebusinessman.blog69.fc2.com/tb.php/424-427ab5fc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

世界が灰色に見えた、心の中の何かが壊れた

カテゴリ : 小説・その他・普段の生活日記

昨日の夜、私は大好きだったコにTELしました。
前回の日記で買収防衛策を使ったコねw

論点は一つ。今後、友達から恋人に格上げされる可能性は
あるのか?ということ。

彼女の答えは、ゼロということでした。あはは。。。

これを聞いた時は、目の前に黒い霧がかかりましたよね・・・
そして、小説風に書くと、オレの心の中の何かが音を立てて
崩れた、といった感じ。
世界が灰色に見えた。そして、タミフルを飲んだときのように
マンションから飛び降りたくなったよ。


結局、何がダメなの?何が足りなかったの?と問い詰めて
しまう始末w (そんなことはしないと、前回の日記では書いたのに)


友達としか見れない、ということでした。
要するに何をどう変えても、カイゼンしてもダメってことで、
私としては非常にショックであり、自分の不甲斐なさを
感じるとともに、人格さえも否定されたような気がした。


それと同時に、そのコとの楽しかった日々を思い出したら
とても悲しくなって、しばらくの間、絶句してしまった。


前回書いたように、友達との関係なんてありえないし、
私としても意地があるので(つまらない意地だけど)、
恋人関係になれないなら、友達関係を崩壊させようと
思った。そして実際、崩壊させた。


バレーの引退も考えている、とそのコに対して私は言った。
2度も怪我してしまって、そこまでしてやる価値を見出せるかも
ギモンだし、何より、そのコにあまり会いたくないから。
すっごく好きになって、恋人になりたいっていう夢がかなわなくて、
その後にチームメイトとしてやっていく自信が私にはない。
(ような気がする)


でもそれは、ちょっとした私の抵抗であり、実際の気持ちとしては
引退は考えていない。ホントのところは、いろんなことをリセット
したいので、今のチームを辞めて別のチームでやりたいんだけど、
ケガしている私を受け入れてくれるチームを探すのは難しいと
思われるので、現在のチームでしばらくは続けるんだろうなって
のが、現実的なストーリー。
ただそのコとの関わりは極力避けるようにしたい。
そして飲み会などの行事も時間と価値を天秤にかけて
その都度、参加を決めようと思う。


TELでは、そのコに対して、かなり嫌な言い方をしている
自分に気づいた。そのコをだいぶ傷付けてしまったと思う。
どうしてそんなことをしてしまったのか分からないが、
正直、ムカついていた。大好きだった感情の振り子が
逆に振れると、それは憎悪に変わる。
時間と金を返せ!というセコイ感情も少しだが湧いた。
嫌なことを言ったのは、そのコに嫌われたほうが
自分としても納得がいくという気持ちがあったからかもしれない。


そして、なぜか母が病気であることも話してしまった。。。
こんな女に話す必要はないのではないか?とも思ったけど。
オレはオマエが死にそうなほど落ち込んでいるのを助けて
やったのに、オマエはオレを全く助けてはくれないんだな、
支えてはくれないんだな、ということを暗に伝えたかったのかも
しれない。オレって最悪だねw


最近読んだ東野圭吾の小説に、記憶改編をテーマにしたもの
があった。過去の記憶を変えたことによっていろいろなことが
生じるラブストーリー。
それになぞらえ、キミとの記憶があるとツライから、ここ半年間の
記憶を変えたい、消したいみたいなことを言った。
そのコは自分の存在を消したがっていると感じたようで、
聞いているのもツライよ、と言った。
私が言いたかったのは、「存在そのもの」ではなく、「関係」の
記憶を消し去りたいという意味だったんだけどね。
まぁ、そう捉えてしまったんならそれはそれで構わないとも
思った。そのときは自暴自棄になりかけており、相手が
どう思うか、傷つくか、なんてことはもうどうでもよかった。
今後もう関係ないんだし、そのコがどんなに気分的に落ち込もうが
私の知った事ではない、そんな気分であり、客観的に
見ると私は人間的に非常に醜かったと思う。
すでに私の心はズタズタに崩壊していた。


今年は全くいいことがない。2度の骨折、ばあさんの死、仕事のミス、
そして大好きになったコすら手に入れることができない。
これで母が亡くなってしまったら、精神が崩壊しそうだ・・・・
頭が狂いそうだよ。
リアルに死にたい気持ちになる。


でも、毎回のことながら、死んだと思えばできることは
たくさんあるわけで、恥も外聞も捨てていろんなことを
大胆に実行できる、とも考えられる。


好きなコすら手に入れられない人生なんてたいした意味はないと
自暴自棄気味になっている私は、もう誰彼問わず
抱きたい気分である。怪我さえ治れば、風俗にでもいこうw


もう、そのコとはしばらく連絡は取らないし、取りたくもない。
私の感情は0か1なのだ。
しかし、しばらくは引きずりそうだよ。
性格と外見がモロに好きだったから、逃したFishはでかい。


今はこれを糧に、もっと人生を頑張ろうと思っている。
数年後、もっと成長して、そのコの前で微笑みを浮かべようと
思う。いろんな意味のこもった微笑みを。



スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://elitebusinessman.blog69.fc2.com/tb.php/424-427ab5fc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

KB (♂)

Author:KB (♂)
職業 投資銀行勤務
    ('07入社)

尊敬する人
大前研一氏、野口悠紀雄氏、佐山展生氏

英語力 TOEIC 900点

出現場所 スタバ、大型書店、ジム

学歴 理系院卒

住まい 東京

年齢 29歳

本の紹介↓
20代の成長戦略・時間戦術【読書記録編】

KB書店

時計

FC2カウンター

最近の記事

FC2関係

株価

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

ブログ内検索

就活の筆記対策

ネット証券

大前研一氏の著書

Amazon

Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。