20代の成長戦略・時間戦術

投資銀行で働く社会人4年生のブログ。 読書記録、恋愛報告、自己啓発、日常生活など。

読書に特化したブログ「20代の成長戦略・時間戦術【読書記録編】を始めました。興味ある方はどうぞ☆

Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://elitebusinessman.blog69.fc2.com/tb.php/413-a5387103
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

人生初のラブホ☆

カテゴリ : 小説・その他・普段の生活日記
今週は、いつにも増してあっという間の一週間でした。
時間が経つのが早すぎる。


この前の日曜は、実はカップリングパーティに
女の子を物色しに行ってきましたw
なんかね、定期的に新しい出会いは欲しいし。

そこでは、何人かと知り合いになって、2人くらいとは
メールでつながっております。
でも、そんなにタイプでもないので、デートしようと
思えばいつでもできそうな感じだったけど、
貴重な休みの時間を費やすのに二の足を踏んでいて
デートには至っておりませぬ。
1回くらい会って、合コンのツテにしてしまうかも。
あー、最悪w


そして、サークル内の好きなコ(前に2回ほどkissしたコ)と
木曜の夜に2人で飲んできました。

今は、物事がうまくいっていないらしく、精神的に落ちていると
いうことで、何かにすがりたかったんでしょう。話を聞いて、相談に
乗ってほしかったのでしょうね。

まぁ、相談相手がいつの間にか恋人になったりするのは
よくある話なので、それを期待していたりしていたけど。


飲んでいたら、あっという間に終電の時間になり、新宿駅前まで
行ったんだけど、そこで、そのコが「帰ったら泣いちゃう、帰りたくない」的な
ことを言うので、じゃあ、ラブホでも行こうかって流れにw
(じゃあ、じゃねぇよ(笑))

まぁ、私にとっては人生初のラブホでした。
ずっと一人暮らししていて場所に困らなかったのと、
学生時代はお金がなかったという理由で、行ったこと
なかったのよね。

んで、結局朝方まで粘ったけど、Cはヤラせてくれませんでしたw
AとBは充分したけど。ホント、生殺し状態でしたね(笑)


でもねー、そのコが今付き合っているのは、同じサークルの男
ってことを、そのとき教えてもらったんだよね。
なんとなく、気づいてはいたけど。

しかも、その男は、私もかなり仲がよくて、人間的にも
好きだから、また状況は複雑。
サークル内で、私が一番仲がいい男と女が付き合っていると。

これは、ルー語でいうと、トライアングル関係なのかねw


というわけで、ラブホはほろ苦デビューとなりますた。。。

つーか、実は精神的に落ちなきゃいけないのって、
オレじゃね?とか思ったりw


そんなわけで、3時間くらいしか眠れず、新宿から直行で
仕事に向かって、深夜残業をしてきました。

仕事では、あんまり余計なことを考えるヒマがなかったので
逆に助かったかも。


まぁ、恋愛関係なんて永遠に続くものでもないし、相談相手と
いう立場は放棄しないほうがよさそうだね。

その前に、私に彼女ができるかもしれないし。


うーん、なんか仕事でもプライベートでもいろいろなことが
あって、人生楽しいわんw

むん!


明日は合コン☆いぇい☆




スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://elitebusinessman.blog69.fc2.com/tb.php/413-a5387103
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

KB (♂)

Author:KB (♂)
職業 投資銀行勤務
    ('07入社)

尊敬する人
大前研一氏、野口悠紀雄氏、佐山展生氏

英語力 TOEIC 900点

出現場所 スタバ、大型書店、ジム

学歴 理系院卒

住まい 東京

年齢 29歳

本の紹介↓
20代の成長戦略・時間戦術【読書記録編】

KB書店

時計

FC2カウンター

最近の記事

FC2関係

株価

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

ブログ内検索

就活の筆記対策

ネット証券

大前研一氏の著書

Amazon

Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。