20代の成長戦略・時間戦術

投資銀行で働く社会人4年生のブログ。 読書記録、恋愛報告、自己啓発、日常生活など。

読書に特化したブログ「20代の成長戦略・時間戦術【読書記録編】を始めました。興味ある方はどうぞ☆

Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C144]

こんにちは。お久しぶりです。
東野圭吾の手紙、自分も読もうとしていましたが、すっかり忘れていまいした。重い話と聞いておりましたが、そういった内容だったとはますます興味深くなりました。つい最近の事件でよく話がでていますからね。今度読んでみようと思います。

[C145]

お久しぶりです!
「手紙」はお薦めですよ。いろいろ考えさせられました。
たまには小説もいいものですね☆
  • 2007-01-08 02:35
  • 投稿者 : KB
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://elitebusinessman.blog69.fc2.com/tb.php/211-64b2e727
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

夢がない

カテゴリ : 小説・その他・普段の生活日記
人間は図星なことを言われるとキレものだと
いうことを、今回の予備校生が妹を殺した
事件が証明していますね。

私も1年間だけですが、予備校生をしていたので
浪人の辛さが分かりますよ。私の場合は夢は
あったが、未来が見えない状態でしたが。
精神的に結構辛いものがありました。

私の中で、今回の事件が先日読んだ本とリンクしました。

手紙 手紙
東野 圭吾 (2006/10)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


この本は、両親をなくした2人の兄弟のうち、
兄のほうが強盗殺人を犯し、その後の弟の苦労を
描いた作品です。

かなり内容が重たいですが、お薦めの本です。

親族が強盗殺人などの重罪を犯してしまうと、
苦しむのは殺人を犯した本人だけでなく、その
親族も含まれるということがリアルに書かれて
いました。

弟は、兄が強盗殺人犯であるため、あらゆるところで
差別を受け、ささいな夢さえかなえていくことが
できないのです。

むしろ、殺人犯本人より辛いんですよね。


今回の事件では、歯科医の息子が妹を殺してしまった。
親族内に被害者と加害者の両方をかかえてしまった
わけで、これは辛い。

両親も大変だし、長男が一番辛いでしょう。
これからの人生をめちゃくちゃにされたわけですから。
どこへ行っても、殺人犯の兄というレッテルを
背負わなければならないのです。

重大な事件を起こすと、それが身内に与える
影響は計り知れません。
そこまで考えれば、殺人などできないはずなの
ですが、キレてしまうとそんなことは考えられない
のでしょうね。難しいところです…



スポンサーサイト

2件のコメント

[C144]

こんにちは。お久しぶりです。
東野圭吾の手紙、自分も読もうとしていましたが、すっかり忘れていまいした。重い話と聞いておりましたが、そういった内容だったとはますます興味深くなりました。つい最近の事件でよく話がでていますからね。今度読んでみようと思います。

[C145]

お久しぶりです!
「手紙」はお薦めですよ。いろいろ考えさせられました。
たまには小説もいいものですね☆
  • 2007-01-08 02:35
  • 投稿者 : KB
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://elitebusinessman.blog69.fc2.com/tb.php/211-64b2e727
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

KB (♂)

Author:KB (♂)
職業 投資銀行勤務
    ('07入社)

尊敬する人
大前研一氏、野口悠紀雄氏、佐山展生氏

英語力 TOEIC 900点

出現場所 スタバ、大型書店、ジム

学歴 理系院卒

住まい 東京

年齢 29歳

本の紹介↓
20代の成長戦略・時間戦術【読書記録編】

KB書店

時計

FC2カウンター

最近の記事

FC2関係

株価

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

ブログ内検索

就活の筆記対策

ネット証券

大前研一氏の著書

Amazon

Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。