20代の成長戦略・時間戦術

投資銀行で働く社会人4年生のブログ。 読書記録、恋愛報告、自己啓発、日常生活など。

読書に特化したブログ「20代の成長戦略・時間戦術【読書記録編】を始めました。興味ある方はどうぞ☆

Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株価上昇の不思議

カテゴリ : 金融・経済・投資
みなさん、GWいかがお過ごしでしょうか。
私は暦どおりの出勤、休日です。

昨日日経平均が1万円を回復しましたね。
私は以前、日経平均(もしくはTOPIX)の下落を
予想しておりましたが、それと真逆へ動くという結果w

昔から全く予想が当たりません(笑)

GWは、ずっとUSCPAの勉強。早く合格したい!
これが終わったら証券アナリスト2次試験があって、
その後に簿記2級を受ける予定。

怒涛の試験ラッシュですなぁ。
この半年間くらいは、大学入試のときより勉強している気がする。。。

日本経済に対する楽観シナリオ

カテゴリ : 金融・経済・投資
株式市場を含め、日本経済に対する楽観的な見方が
広がっているような気がする。。。

GDPは一時的に下がるものの、年後半には回復し、
従来どおりに戻ると。

日経平均も12,000円を見通す展開になると。

本当にそうなのだろうか。
私は非常に疑問を感じる。
詳細にデータ分析とかしているわけではないので、
確たることは言えないけど、日本経済はかなりダメージを
受けているはずで、日経平均及びTOPIXは、もう一度
震災直後の投売りの水準まで下落すると私は思っている。
今は、なんとなく的な円安が続いていてそれを好感して
株価が維持されているのではないか。

夏場をめどに、やっぱり無理だから計画停電やる!って
TEPCOが言い出して(TEPCOのことだから言い出しかねないw)、
無計画に停電して、半導体工場とかが麻痺して
株価下落というシナリオをひそかに描いています。。。

公的資金の活用

カテゴリ : 金融・経済・投資
改正産業再生法による一般企業への公的資金の注入が
マーケットでは話題になっています。

公的資金注入を検討しているところは、エルピーダ、
ルネサステクノロジ、NECエレ、JAL、パイオニアなど。
日立や東芝も検討しているらしい。

と、事例を挙げてみたけど、公的資金を使おうとしているところは
大幅赤字を計上し、自己資本がかなり毀損しており、
「おわっている」ところが多いw

上記のどの企業もこのペースで行くと、あと2~3年ももたない。

そんな企業に税金を投入していいんだろうかね?

半導体メーカーが日本からなくなると困るとか言ってるけど、
別になくなってもいいじゃんw
韓国や台湾が作ってくれるって。中国も。

もうすでに日本の半導体に競争力なんてないと思う。
半導体を作れば作るほど赤字になるなんて、そんなばかげた
競争はもうやめようよ。

公的資金を注入したところで競争力がつくわけではない
んだから、その公的資金が回収できなくなる可能性大。

公的資金が注入されたら、それはそれでその会社はつらい
んだろうと思うけど。給料とかかなりカットされそうだし、
人も削られそうだし。
ただでさえメーカーの給料は安いのに、かわいそう・・・

電機メーカー崩壊

カテゴリ : 金融・経済・投資
なんだか、東洋経済みたいなタイトルですね(笑)

先週は電機メーカーなどを筆頭に、企業の第3Qの決算発表
ならびに通期の業績予想の発表が相次ぎましたが、
内容は惨憺たるものでしたね。。。

特に、日立、東芝がひどかったですねぇ。あとNECも。
日立は自己資本が1/3吹っ飛んだんですか。
ということは、あとこれを2回繰り返すと、債務超過に陥ると
いうことですねぇ。
デジタル機器、電子部品の業績が軒並み悪化してるのと
急激な円高が主要因。
東芝はNANDフラッシュに1兆円を超える投資を計画するくらい
つぎ込んでいたから、大きく空振りしたということになっております。
日立は、課題のHDD事業では黒字確保しているけど、
その他の事業でほとんどが赤字らしい。
日立の場合は、今まで連結決算で優良子会社が当期利益で
貢献していたけど、今回は子会社の業績も悪いから、逆に
少数株主持分のところで、マイナス貢献している。
もはや、親孝行の子会社ではなくなってしまった。。。


来週も決算発表が立て込んでいるから、業績予想下方修正が
相次ぐんだろうなぁ。。。
この状況で黒字を確保できる電機メーカーはあるんだろうか?


私は今の業界にいなかったら、電機業界に行っていた可能性も
あったから、ひやひや。
というか、私のいる業界のほうが厳しいけどもw
まぁ、どっちに行ってもダメだったということですなぁ・・・


投資信託は130万円まで残高が膨れ上がった。
これからも買い支える予定w

ハケン切り

カテゴリ : 金融・経済・投資
ご無沙汰しております。

08年上期、我々のいる業界が作り出した証券化商品の
クラッシュが、ついに実体経済にまで波及してきましたね。
株価がなかなか下がらないのが不思議です。
そろそろ下値圏なのかな?

ビックスリーの救済策が発表されたけど、あんなの
根本的解決じゃなくて延命措置なだけだと思うんだけど。

来年3月くらいにまたビックスリーは危機に陥るんだろうな。
とくにGM。
そのときが日経平均も底値なのかね。
最近は出来高も少なくて市場も迷っている様子が伺える。

そして、日本ではハケン切りが騒がれていますね。
実体経済がこんなに振るわないんじゃ、まぁしょうがないよ。
企業としても生き残りに必死なわけだし。
マスゴミがクビになった方々を映し出しているのは、なんだか
腑に落ちない。マスゴミの方々はは規制にガチガチに守られてて
切られることなんてないんだろうしw

そもそもハケン制度は、B/Sで言えばEquityみたいなもん
なんだし、こういう事態になったら真っ先に削減対象にされることは
わかっていたわけだしさ。
そのかわり、景気がいいときは、たいした責任もなくてラクなわけだし。

こういう未曾有の不景気に直面すると、ストレスや理不尽に耐えながらも
正社員でよかったなぁと思うw

なんか、反感を買いそうな日記になってしまったw

ま、いっか。

Appendix

プロフィール

KB (♂)

Author:KB (♂)
職業 投資銀行勤務
    ('07入社)

尊敬する人
大前研一氏、野口悠紀雄氏、佐山展生氏

英語力 TOEIC 900点

出現場所 スタバ、大型書店、ジム

学歴 理系院卒

住まい 東京

年齢 29歳

本の紹介↓
20代の成長戦略・時間戦術【読書記録編】

KB書店

時計

FC2カウンター

最近の記事

FC2関係

株価

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

ブログ内検索

就活の筆記対策

ネット証券

大前研一氏の著書

Amazon

Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。